忍者ブログ
読売、毎日、朝日各社英字新聞の社説を学習研究
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

--The Asahi Shimbun, April 24
EDITORIAL: Improved system needed to assist disabled people in disasters
(社説)震災避難 障害者への支援確保を

Many people with disabilities have been unable to enter crucially important evacuation shelters in areas hit hard by the recent succession of earthquakes in Kumamoto and other prefectures.
 熊本県を中心に続く震災で、命をつなぐはずの避難所に入れない障害者が続出している。

“I was told that people on wheelchairs are not allowed because the hall has bumps on the floor,” one of them said.
 「ホールに段差があり、車いすの人は入れないと断られた」

“I got no information from anywhere, so I spent nights in a car for a week,” said another.
 「どこからも情報が来ず、1週間、車中泊を続けた」

“Welfare evacuation shelters” were supposed to be set up for people with disabilities and elderly people, who would find it difficult to live in evacuation shelters for the general public.
 一般の避難所では生活が難しい障害者や高齢者には、「福祉避難所」が用意されるはずだった。

Welfare evacuation shelters refer to schools, welfare facilities and other institutions that have signed agreements with municipal governments in preparation for a possible disaster.
災害に備えて、あらかじめ市区町村と協定を結んだ学校や福祉施設などである。

But the system failed in the face of the real earthquake disaster.
 だが、震災の現実の前には、うまく機能しなかった。

Some 35,000 people in Kumamoto, the capital of Kumamoto Prefecture, are registered as “persons requiring support,” who were expected to need help in evacuating from a disaster.
 熊本市では、避難の際に手助けが要る「要支援者」の名簿に登録された人は約3万5千人いる。

While 176 institutions had signed agreements to serve as welfare evacuation shelters, the number of institutions that actually accepted people in need was slow to grow.
これに対し、福祉避難所の協定をもつ施設は176あったが、実際に受け入れる施設はなかなか増えなかった。

Some of the institutions were short-staffed because care providers became quake victims themselves. Some of the buildings were destroyed, and water supply was cut.
 ケアする人が被災して人手不足だったり、建物が壊れて水道も止まったりと、施設の環境が整わなかった事情がある。

After volunteer workers were recruited, 33 welfare evacuation shelters were opened by April 22. But only 80-odd people have entered those shelters. Officials at one shelter have complained that all they can do is to provide space because they cannot afford to provide assistance.
 ボランティアを募り、22日までにやっと33カ所が開設した。だが入所者は80人超どまり。介助の余裕がなく場所の提供しかできない、と嘆く施設もある。

People with disabilities and others who remain out of welfare evacuation shelters may face serious difficulties from the prolonged consequences of the earthquake disaster. Checking for their safety has turned out to be more difficult than initially expected.
 福祉避難所に入れない障害者らにとって、長引く震災は深刻な生活苦をもたらす。安否確認も思うように進まなかった。

Given the situation, Kumamoto Gakuen University has been drawing attention for its activities. The university in Kumamoto city has made its presence felt by accepting up to 60 or so people who are disabled or elderly.
 こうした中、熊本市の熊本学園大の活動が注目されている。最大60人ほどの障害者や高齢者を受け入れ、存在感を示す。

Initially, the university only had its athletic field designated as a wide-area evacuation ground. As local residents began to assemble on its campus amid the succession of powerful earthquakes, however, the university decided to let local inhabitants use four of its classrooms.
 もともとはグラウンドが広域避難場所に指定されていただけだったが、相次ぐ強震で住民が集まり始めたため、4教室を住民に開放した。

It also designated a grand hall in one of its buildings for exclusive use by "persons requiring support." University officials have arranged a framework, whereby certified care workers with connections to the university and volunteering students are available 24 hours a day to watch those evacuees who require support.
さらに校舎内の大ホールを要支援者専用にし、大学関係の介護福祉士や学生ボランティアらが24時間、避難者を見守る態勢をつくった。

The law on the elimination of disability discrimination, which took effect this month, says public institutions are obliged to “provide reasonable accommodation.” They are supposed to respond, to a reasonable extent, to the requests of disabled people to eliminate social barriers.
Kumamoto Gakuen University’s undertaking is a pioneering attempt at fleshing out the spirit of that law.
 今月施行された障害者差別解消法は、「合理的配慮の提供」を公的機関の義務と定めている。障害者から社会的な障壁を取り除く要請があれば、無理ない範囲で対応する。その精神を実現する先駆的な試みだ。

Two professors at the university, who were involved in opening the evacuation shelter, have worked with groups of disabled people and their supporters to set up a “center for people with disabilities in disaster areas.”
 避難所づくりに携わった同大の教授2人は障害者・支援者団体と協力して「被災地障害者センター」も設けた。

Instead of bringing disabled people together in a single evacuation shelter, the center will serve as a hub for providing appropriate information to people with disabilities in different areas, and will continue to give them necessary support until they can return to their previous lifestyles.
一つの避難所に集約するのではなく、各地の障害者に適切な情報を提供する拠点となり、元の生活に戻るまで必要な支援を続ける。

Close to 80,000 people continue to live in evacuation following the Kumamoto earthquakes. And it is never easy for people with disabilities to live the same way as people without disabilities.
 避難者は今も8万人近い。その中で障害者らは、健常者と同じように暮らすのは難しい。

In normal times, we should prepare mechanisms, for example, to use the list of “persons requiring support” to determine their safety status in emergencies and to allow welfare institutions to dispatch staff members to each other on a broader regional scale.
要支援者名簿をもとに安否を確認する仕組みや、広域で福祉施設同士が職員を派遣し合う枠組みなどを平時から準備したい。

Doing so would be one way to prepare for the next disaster, which could hit any part of Japan.
日本中どこで起きるかわからない「次の災害」に備えて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
srachai
性別:
男性
職業:
civil engineer
趣味:
子育て
自己紹介:
妻はタイ人、娘ばかり3人も!

■近況

2009年の9月15日に脳梗塞を発症、右手が少し不自由になりました。
MRAで脳梗塞の部位を特定でき、素早い処置をとれたので大事に至りませんでした。
快復にむけてリハビリ中です。
(2011/01/01更新)

■自己紹介・リンク

[ はじめに ]
タイのスラチャイです。
英語学習に王道はありません。
毎日毎日の地道な努力の積み重ねが必要です。
スラチャイはNHKのラジオ英語会話で現在の英語力を身につけました。
一日僅か15分の学習でも数年間継続すれば相当な学習効果が期待できます。

[ 名前 ]
松井 清 (スラチャイ)

[ 略歴 ]
・福岡県出身
・国立高知大学卒業
・準大手建設会社に就職
・50歳で会社を早期退職
・99/10 タイ全土を旅行
・00/10 タイに移住
・03/07 カイちゃん誕生
・07/06 シーファーちゃん誕生
・現在タイ国コンケン在住

[ 座右の銘 ]
Slow and steady wins the race.
遅くとも着実な者が勝利する
(NHK基礎英語芹沢栄先生)

[ 学習の手引き ]
・音読して耳から英語を吸収
・Think in English.
・ネイティブ発音付辞書活用
・英英辞典を活用(英和も)
・翻訳和文で専門用語確認

[ English Newspapers ]
Yomiuri
Mainichi
Asahi
Japan Times
Washington Post
Newyork Times
Bangkok Post
The Nations
Phuket Gazette

[ 英字新聞の英和対訳学習 ]
英字新聞(読売)
英字新聞(毎日)
英字新聞(朝日)
英字新聞(朝日2) 

[ スラチャイ編集の辞書 ]
タイ日辞書(改訂版)
日タイ辞書(改訂版)
ラオ日辞書
日ラオ辞書

オンラインカジノ

[ 32レッドカジノ ]



[ online casino ]
オンラインカジノとは

[ 32red casino mobile ]
for iPhone, Android
Roulette Game
Blackjack Game
Slots Game

[ my favorite way ]
Earning some money on the commuting train is fantastic.
roulette game
通勤電車の中で稼ぐ(ルーレット)^^
ルーレットで遊ぶ

[ 32red casino iPhone & Android ]
Mermaids Millions
Royal Derby
Tomb Raider
Blackjack Game
Major Millions

Tomb Raider iTunes App
Blackjack iTunes App
Roulette Game
Android & iPhone Direct Registration

[ sellection for mobile ]
32Red Web App (iPhone & Android) Casino - Homepage

[ 32red download for PC ]


[ online casino for PC ]
Roulette
Blackjack
Online Slots

[ zipang casino ]
in english

trend match
affiliate b 1


ブログでお小遣い 無料サンプルも


基礎タイ語

基礎タイ語一覧(タイ文字、ローマ字)
seesaaサイト内リンク一覧:
01 あいさつ
02 別れのあいさつ
03 声をかけるとき
04 感謝の言葉と答え方
05 謝罪の言葉と答え方
06 聞き直すとき
07 相手の言うことがわからないとき
08 うまく言えないとき
09 一般的なあいづち
10 よくわからないときの返事
11 強めのあいづち
12 自分について述べるとき
13 相手のことを尋ねるとき
14 頼みごとをするとき
15 申し出・依頼を断るとき
16 許可を求めるとき
17 説明してもらうとき
18 確認を求めるとき
19 状況を知りたいとき
20 値段の尋ね方と断り方
21 急いでもらいたいとき
22 待ってもらいたいとき
23 日時・場所・天候を尋ねるとき
24 その他

基礎タイ語一覧(タイ文字、音声付き)
サイト外HPリンク一覧:
01 あいさつ
02 別れのあいさつ
03 声をかけるとき
04 感謝の言葉と答え方
05 謝罪の言葉と答え方
06 聞き直すとき
07 相手の言うことがわからないとき
08 うまく言えないとき
09 一般的なあいづち
10 よくわからないときの返事
11 強めのあいづち
12 自分について述べるとき
13 相手のことを尋ねるとき
14 頼みごとをするとき
15 申し出・依頼を断るとき
16 許可を求めるとき
17 説明してもらうとき
18 確認を求めるとき
19 状況を知りたいとき
20 値段の尋ね方と断り方
21 急いでもらいたいとき
22 待ってもらいたいとき
23 日時・場所・天候を尋ねるとき
24 その他

Copyright © [ 英字新聞 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]