忍者ブログ
読売、毎日、朝日各社英字新聞の社説を学習研究
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは驚きました。
毎日の英文翻訳が格段に進歩!
英語学習でつかえます。
(スラチャイ)

August 15, 2014(Mainichi Japan)
Editorial: Pass on lessons of war to future generations
社説:8・15と戦争 記憶の継承の担い手に

The Aug. 15 anniversary of the end of World War II is the anniversary of surrender for Japanese people.
 終戦記念日の8月15日は、正確には敗戦の日である。

Japan, which invaded China and launched a surprise attack on the United States, was defeated exactly 69 years ago, although Japanese leaders said all 100 million Japanese were prepared to die an honorable death.
中国を侵略し、米国を奇襲攻撃した日本は、69年前のこの日、一億玉砕を叫びながら万策尽き果て、降伏した。

This reckless war left 3.1 million Japanese nationals dead. In all of Asia, the number of victims is believed to surpass 20 million.
無謀な戦争による犠牲者は、日本人だけで310万人、アジアでは2000万人以上にのぼるとされる。

Every August, many newspapers run articles featuring the war.
 8月になると、新聞に戦争を振り返る特集が増える。

This tendency is occasionally ridiculed as journalism limited to August.
夏だけの「8月ジャーナリズム」とやゆされたりするが、

However, on Aug. 15 each year it is an indispensable ritual to quietly mourn war victims both in Japan and overseas and deeply consider war and peace.
8・15が巡ってくるたび、内外の死者を静かに追悼し、戦争と平和について深く思いを致すのは、欠かせない儀礼である。

 ◇人を人でなくすもの

Next year marks the 70th anniversary of the end of the war.
 来年は戦後70年の節目だ。

Those born after the war account for 80 percent of all Japanese nationals, and an overwhelming majority of those who experienced the war are in their 80s to 90s.
戦後生まれの日本人が人口の8割を占め、戦争をじかに知る人は、大半が80代から90代の高齢者である。

The memory of the war is gradually fading among Japanese people, and there are tendencies to regard wars as if they were games and describe the last war in a nostalgic tone.
国民の記憶の中で戦争が風化し、戦争をゲーム感覚で考えたり、戦争への郷愁を口にしたりする風潮さえも、見受けられるようになった。

No time should be wasted.
 残された時は少ない。

It is an urgent task to hand over the memory of the war to future generations to prevent a recurrence of the same mistakes.
戦争の記憶の継承は、未来を再び過たせないための、喫緊の課題だ。

Even those who did not experience World War II can visualize the war through the words of those who experienced the tragedy and through literary works featuring the war.
 戦争を知らない世代でも、戦争体験者の語る言葉や書き残したもの、文学作品などを通じ、戦争の姿を思い描くことはできる。

Novelist Shohei Ooka channeled his experience of the last war into literary works, such as "Furyoki" ("Taken Captive: A Japanese POW's Story") and "Leyte Senki" ("The Battle of Leyte Gulf").
 フィリピンでの戦争体験を「俘虜記」「レイテ戦記」などの文学に昇華させた大岡昇平は

In his book, "Sendo" ("War"), published by Iwanami Shoten Publishers, he wrote, "As a soldier and someone who experienced the war, I'd like to talk forever about how tragic war is."
「兵士として、戦争の経験を持つ人間として、戦争がいかに不幸なことであるかを、いつまでも語りたい」と書いた(「戦争」岩波現代文庫)。

It is important for each and every member of the public to respect his resolve and to pass on how stupid wars are to future generations.
その心情を受け止め、一人一人が記憶の継承の担い手となって、戦争の愚かさを伝えていくことが大切だ。

Former Okinawa Gov. Masahide Ota, who fought in the war as part of student mobilization, has collected photos of various wars in the world and reminded the public of the cruelty of wars.
 学徒動員で沖縄戦を戦った元沖縄県知事の大田昌秀さんは、世界のさまざまな戦争の写真を集め、その残虐さを告発してきた。

Ota inserted photos of a soldier being beheaded, a child who was stabbed in the stomach, a charred woman and other cruel scenes into a book titled, "Ningen-ga Ningen-de Nakunaru Toki" ("When humans become non-humans").  首をはねられる兵士、腹を裂かれた子供、焼け焦げた女性。目を背けたくなるような写真の数々を「人間が人間でなくなるとき」という題の記録集にまとめた大田さんは、

In the book, Ota writes, "It is necessary to confirm that we, individuals, cannot only be easily turned into 'non-humans' depending on the situation, but can also turn others into non-humans."
次のように記している。「私たち個々人は、時と場合によっては、自らが容易に『非人間化』されてしまう存在であるばかりでなく、他人をも非人間化してしまう存在だということを確認する必要がある」

Wars are nothing but absurdity that turn humans into non-humans and madness that tramples down the dignity of lives.
 戦争は、まさに「人間を人間でなくす」不条理であり、命の尊厳を踏みにじる狂気である。

The novel, "All Quiet on the Western Front," authored by German novelist Erich Maria Remarque, known for his antiwar literature and works describing World War I, ends after notifying its readers of the death of protagonist Paul Baeumer.
 第一次世界大戦を描いた反戦文学として名高いレマルクの「西部戦線異状なし」は、主人公のドイツ人志願兵パウル・ボイメルの死を、読む者に知らせて終わる。

Remarque, a World War I veteran, wrote in the work's last scene that it was so quiet and calm on the western front that a command post had nothing to say but "All quiet on the western front. There is nothing to report."
 ドイツ出身で、自ら第一次大戦に従軍した作者レマルクは、最後の場面を「その日は全戦線にわたって、きわめて穏やかで静かで、司令部報告は『西部戦線異状なし、報告すべき件なし』という文句に尽きているくらいであった」(新潮文庫版・秦豊吉訳)と描写した。

This year marks the 100th anniversary of the beginning of World War I. Up to 15 million people are believed to have died in the war. In other words, in the history of that war, there are 15 million people who perished and were buried, just like Baeumer.
 第一次大戦の開戦から今年で100年。死者は最大で1500万人とされている。ボイメル志願兵も、歴史の片隅に埋もれていった、1500万分の1人だった。

In the Pacific War, a massive U.S. airstrike on Tokyo left 100,000 people dead on a single night.
 太平洋戦争では、米軍の東京大空襲により、一晩で10万人が犠牲になった。

The atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki killed over 200,000 people.
原爆は広島、長崎で20万人以上の命を奪った。

There were numerous other air raids on Japanese cities.
ほかにも無数の都市爆撃があった。

Poet Zenmaro Toki composed a poem that reads, "There were reportedly hundreds, or even thousands of abandoned bodies. None of them had two lives."
土岐善麿は、日中戦争をこう詠んだ。「遺棄死体 数百といひ数千といふ いのちをふたつ もちしものなし」

 ◇加害の責任も忘れず

Tens of thousands, or even hundreds of thousands of precious lives could be lost instantly in any war.
 かけがえのない「生」の集積が、何万、何十万の犠牲である。

Having a rich imagination of such a tragedy can lead to true mourning of the war dead.
その想像力を持つことが、戦死者を追悼するという行為である。

If so, we must keep in mind that a massive number of Asian people fell victim to the Japanese military in the last war.
 であるなら、日本軍の犠牲になった、おびただしい数のアジアの死者も忘れてはならない。

The victims of the Sino-Japanese War and the Pacific War are spread throughout Asia.
 日中戦争、太平洋戦争の犠牲者はアジア全体に広がる。

There is no difference between countries and regions in the degree of absurdity and cruelty of war.
戦争の不条理と戦死の痛ましさに、国境はない。

Such being the case, it is the duty of Japan, which caused immeasurable human suffering and damage to property in Asia, to equally mourn Japanese and other war victims.
内外の死者を等しく追悼する誠実さを身に備えることは、アジアに計り知れない人的、物的被害を与えた日本の、当然の務めだ。

Any war causes a rift between countries involved and instills feelings of hate.
 戦争は、国と国を長きにわたって不和にし、憎しみの感情を植えつける。

While those who wage war tend to forget their memory of causing damage to their victims, the victims keep their memory of suffering forever.
加害の記憶がともすれば忘れられがちなのに対し、被害の記憶はずっと残る。

Japan's deep-rooted row with China and South Korea over the interpretation of history involving Japan's wartime atrocities has raised questions as to how countries that wage war and victims should hand over their bitter memories to future generations.
中国や韓国との根深い歴史対立は、加害者と被害者が、それぞれの歴史の記憶をどう継承していくかの摩擦でもある。

How to remember what has historically happened may differ from country to country. But a conflict over the matter must not cover up the tragedy of war.
 歴史の記憶の仕方は、国によって異なるかもしれない。だが、その対立が、戦争の悲惨さを覆い隠すことになってはならない。

Ongoing discussions on reinterpreting the war-renouncing Constitution to open the way for Japan to exercise the right to collective self-defense have called into question the pros and cons of using force.
 今、集団的自衛権の論議で、武力行使のあり方が問われている。

There are wars to counter acts of aggression and unavoidable wars that must be fought for humanitarian purposes. 戦争には侵略に対抗する戦争も、人道支援が目的の、やむをえない戦争もある。

Having a military deterrence is necessary to maintain peace.
軍事的抑止力を持つことは、平和のためにも必要だ。

However, wars cause cruel bruises and leave a negative legacy to countries involved and their people, regardless of how they start or end.
 ただし、どのように始められ、どのように終わったとしても、戦争は国家と国民にむごたらしい傷と、負の遺産をもたらす。

This is the reality of any war.
それが戦争の現実である。

The phrase, "use of force," should not be easily mentioned without deeply thinking about its meaning.
武力行使という言葉は、深く考えないままに、安易に使われるべきものではない。

Almost everyone throughout the world certainly hopes that they will not experience a tragedy similar to World War II.  二度とあのような戦争は経験したくない、というのが、ほとんどの国民の願いだろう。

Each and every member of the public should keep in mind the ugliness and cruelty of war in discussing how to ensure peace.
平和を論ずるにあたっては、戦争の醜さと残酷さを、常に原点に置きたい。

毎日新聞 2014年08月15日 02時30分
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
srachai
性別:
男性
職業:
civil engineer
趣味:
子育て
自己紹介:
妻はタイ人、娘ばかり3人も!

■近況

2009年の9月15日に脳梗塞を発症、右手が少し不自由になりました。
MRAで脳梗塞の部位を特定でき、素早い処置をとれたので大事に至りませんでした。
快復にむけてリハビリ中です。
(2011/01/01更新)

■自己紹介・リンク

[ はじめに ]
タイのスラチャイです。
英語学習に王道はありません。
毎日毎日の地道な努力の積み重ねが必要です。
スラチャイはNHKのラジオ英語会話で現在の英語力を身につけました。
一日僅か15分の学習でも数年間継続すれば相当な学習効果が期待できます。

[ 名前 ]
松井 清 (スラチャイ)

[ 略歴 ]
・福岡県出身
・国立高知大学卒業
・準大手建設会社に就職
・50歳で会社を早期退職
・99/10 タイ全土を旅行
・00/10 タイに移住
・03/07 カイちゃん誕生
・07/06 シーファーちゃん誕生
・現在タイ国コンケン在住

[ 座右の銘 ]
Slow and steady wins the race.
遅くとも着実な者が勝利する
(NHK基礎英語芹沢栄先生)

[ 学習の手引き ]
・音読して耳から英語を吸収
・Think in English.
・ネイティブ発音付辞書活用
・英英辞典を活用(英和も)
・翻訳和文で専門用語確認

[ English Newspapers ]
Yomiuri
Mainichi
Asahi
Japan Times
Washington Post
Newyork Times
Bangkok Post
The Nations
Phuket Gazette

[ 英字新聞の英和対訳学習 ]
英字新聞(読売)
英字新聞(毎日)
英字新聞(朝日)
英字新聞(朝日2) 

[ スラチャイ編集の辞書 ]
タイ日辞書(改訂版)
日タイ辞書(改訂版)
ラオ日辞書
日ラオ辞書

オンラインカジノ

[ 32レッドカジノ ]



[ online casino ]
オンラインカジノとは

[ 32red casino mobile ]
for iPhone, Android
Roulette Game
Blackjack Game
Slots Game

[ my favorite way ]
Earning some money on the commuting train is fantastic.
roulette game
通勤電車の中で稼ぐ(ルーレット)^^
ルーレットで遊ぶ

[ 32red casino iPhone & Android ]
Mermaids Millions
Royal Derby
Tomb Raider
Blackjack Game
Major Millions

Tomb Raider iTunes App
Blackjack iTunes App
Roulette Game
Android & iPhone Direct Registration

[ sellection for mobile ]
32Red Web App (iPhone & Android) Casino - Homepage

[ 32red download for PC ]


[ online casino for PC ]
Roulette
Blackjack
Online Slots

[ zipang casino ]
in english

trend match
affiliate b 1


ブログでお小遣い 無料サンプルも


基礎タイ語

基礎タイ語一覧(タイ文字、ローマ字)
seesaaサイト内リンク一覧:
01 あいさつ
02 別れのあいさつ
03 声をかけるとき
04 感謝の言葉と答え方
05 謝罪の言葉と答え方
06 聞き直すとき
07 相手の言うことがわからないとき
08 うまく言えないとき
09 一般的なあいづち
10 よくわからないときの返事
11 強めのあいづち
12 自分について述べるとき
13 相手のことを尋ねるとき
14 頼みごとをするとき
15 申し出・依頼を断るとき
16 許可を求めるとき
17 説明してもらうとき
18 確認を求めるとき
19 状況を知りたいとき
20 値段の尋ね方と断り方
21 急いでもらいたいとき
22 待ってもらいたいとき
23 日時・場所・天候を尋ねるとき
24 その他

基礎タイ語一覧(タイ文字、音声付き)
サイト外HPリンク一覧:
01 あいさつ
02 別れのあいさつ
03 声をかけるとき
04 感謝の言葉と答え方
05 謝罪の言葉と答え方
06 聞き直すとき
07 相手の言うことがわからないとき
08 うまく言えないとき
09 一般的なあいづち
10 よくわからないときの返事
11 強めのあいづち
12 自分について述べるとき
13 相手のことを尋ねるとき
14 頼みごとをするとき
15 申し出・依頼を断るとき
16 許可を求めるとき
17 説明してもらうとき
18 確認を求めるとき
19 状況を知りたいとき
20 値段の尋ね方と断り方
21 急いでもらいたいとき
22 待ってもらいたいとき
23 日時・場所・天候を尋ねるとき
24 その他

Copyright © [ 英字新聞 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]