忍者ブログ
読売、毎日、朝日各社英字新聞の社説を学習研究
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

August 13, 2014
EDITORIAL: Japan has duty to keep alive lessons of wartime abuse
(社説)戦後69年 歴史を忘れぬ後代の責務

This year marks the 120th anniversary of the outbreak of the First Sino-Japanese War. When peace was shattered in

East Asia, the Tokyo Asahi Shimbun, the predecessor of The Asahi Shimbun, welcomed it in its July 29, 1894,

editorial.
 今年は日清戦争の開戦から120年にあたる。東アジアの平和が破られたその時、1894年7月29日付の東京朝日新聞朝刊は、

歓迎する社説を掲げた。

“War is not a disaster,” it read. “Rather, it is a means for progress. If trounced by Japan, China will repent.”
「戦争は災害ではなくむしろ進歩の方法」「清国は日本に大敗すれば反省するだろう」

Back then, it was taken for granted that countries seeking greatness would battle one another. And people were

probably not really aware yet of the brutality of modern artillery. But many soldiers and civilians ended up dead.
 富強を目指す国同士が戦うのを当然視した時代だった。火砲の発達がもたらす残虐さに対する意識も薄かったかもしれない。実際に

は将兵、一般人を含め犠牲者が多数にのぼった。

After two world wars in the 20th century, countries around the world learned from hard experience that they should

not go to war as a rule. This understanding is reflected in the Charter of the United Nations that provides for

restricted use of arms, and in Japan’s pacifist Constitution as well.
 その後、二つの世界大戦の経験を通じて各国は、戦争を基本的にやってはいけないこととみなした。武力行使を慎むと規定する国連

憲章、平和主義を掲げる日本国憲法とも、その延長線上にある。

The Japanese people came to understand acutely what war means after expanding their territory and then bringing

ruin upon themselves. But with the passage of 69 years since their nation’s defeat in World War II, their collective

memory is fading. How do we keep the memory alive?
 版図拡大と破綻(はたん)を経験した日本人自身の心にも、戦争の何たるかが刻まれた。だが戦後69年も経てば記憶は風化する。

どう伝えていけばいいだろう。

REWRITTEN NARRATIVES
 ■書き換えられる物語

History is sometimes forgotten, sometimes brought back from oblivion, and sometimes rewritten. This was already

going on in ancient Greece, notes British historian Robin Osborne in his book “Greece in the Making 1200-479 BC.”
 歴史は、ときに忘れられ、忘却からよみがえり、書き換えられる。それが古代ギリシャの時代からあったと、英国の歴史学者、R・オズボ

ーン氏が指摘している。(刀水書房刊「ギリシアの古代」による)

In 510 B.C., the expulsion of Hippias, a tyrant, from Athens brought democratic rule to Athens, which “was directly a

product of Spartan action,” writes Osborne.
 紀元前510年、アテネが独裁者ヒッピアスを追放し、民主政に道を開いたのはスパルタの協力によってであった。

But the Athenians came up with their own narrative, in which two Athenians, who had assassinated Hippias’s brother

four years previously, were given full credit for ending tyranny in Athens. The Athenians even built statues of the two

assassins to honor them. Why? Because relations between Athens and Sparta had become hostile.
ところがアテネでは、その4年前にヒッピアスではなく、その弟を殺したアテネ人の偉業という話にすり替わり、像が建てられた。それはアテネ

とスパルタが敵対関係に入ったためだった。

This reminds us of China. Until the 1980s, China refrained from openly discussing its history of fighting Japanese

aggression because maintaining amicable relations with Japan was Beijing’s top priority then. But China began

harping on Japanese aggression in the 1990s, and has since become increasingly strident. Nowadays, China hardly

ever mentions Japan’s past contributions to China’s development.
 連想されるのは中国である。日本による侵略と戦った歴史を語ることは、友好関係を最優先とした80年代まで抑えられていたが、90

年代以降、強調するようになった。関係が悪化した最近はなおさらだ。中国の発展に日本が貢献したことなど、なかなか触れられること

はない。

Some people may be quite put off by China’s ways. But before we complain to China, let us first look at our own

country.
 そんなやり方にうんざりする向きもあろう。だが相手に注文をつける前に、まずは、わが国について省みよう。

In April 2013, Prime Minister Shinzo Abe hosted a ceremony for the first time to commemorate Japan’s recovery of

sovereignty in 1952 when the 1951 San Francisco Peace Treaty took effect. Lauding the nation’s phenomenal postwar

recovery and stressing the horrors of the lost war, Abe noted: “Japan was in ruins, and only its mountains and rivers

remained. Such was the state of our country in the summer of 1945.”
 安倍首相は昨年4月、サンフランシスコ講和条約発効を記念する主権回復式典を初めて催した。「国破れ、まさしく山河だけが残っ

たのが、昭和20年夏、わが国の姿でありました」。敗戦の悲惨を語り、その後の復興をたたえた。

But four months later, at the Aug. 15 memorial ceremony to mourn the nation’s war dead, Abe made no mention

whatsoever of the damage Japan inflicted on its Asian neighbors during the war.
 一方で4カ月後、8月15日の全国戦没者追悼式では、アジア諸国への加害についていっさい言及しなかった。

“From humiliation to glory” was the theme of Abe’s appealing narrative that left out any inconvenient historical fact.

The narrative is not necessarily all false, but there seems to lurk a design to rewrite history.
 「屈辱から栄光へ」という受け入れられやすい物語を強調し、不都合な史実には触れない。必ずしもうそではない。しかし、歴史書き

換えの一歩が潜んでいるのではないか。

WHAT IT MEANS TO RESPECT PEACE
 ■平和を尊ぶために

Of course, remembering the war damage done to our country is an important first step in the path to pacifism.
 もちろん、自国にもたらされた戦争被害を思い出すのは、平和思想の起点として大事だ。

But we must also remember our country’s history of spreading the horrors of war across Asia and victimizing innocent

citizens. To remember this history is the duty of all citizens who value peace above everything.
 だが、当時の日本軍がアジア諸国に戦火を広げ、市民を巻き込んだ歴史を忘れるわけにはいかない。平和を何よりも大事にする者と

しての義務である。

It is silly to criticize such citizens for having a masochistic view of history. It is shameful to be obsessed with the nation

’s superficial prestige and try to protect it by misrepresenting or distorting the past. A country can be considered

honorable only if it can honestly face the past to learn lessons from it.
 それを自虐史観と呼ぶのは愚かである。表面的な国の威信を気にして過去をごまかすのは、恥ずべきことだ。過去から教訓を正しく引

き出してこそ、誇りある国だろう。

Keeping alive the memories of the country’s history of abuse of its wartime enemies and citizens is not easy in the

absence of a firm resolve to do so. The people who personally committed acts of abuse do not want to talk, and it is

certainly hard and painful to listen to harrowing accounts. And most of the victims of abuse or their surviving families

live outside Japan.
 加害の歴史を記憶していくのは、よほど自覚しないと難しい。手を下した当事者は口をつぐむ。聞くほうもつらい。被害者やその遺族の

居場所は、ほとんどが国外だ。

In the 69 years since the end of World War II, many stories about kamikaze suicide missions have become bestsellers.

But among war-related works that continue to be read today, how many deal with the damage Japan inflicted on

Asian nations?
 そして69年が過ぎた。特攻隊の物語はベストセラーになるが、戦争加害を正面から扱う文学で読み継がれているものが、どれほどあ

るだろう。

It is the duty of Japan’s postwar generation to keep reminding itself not to forget the easy-to-forget history and let

the rest of the world know its resolve whenever appropriate.
 後代の者の務めは、忘れがちな歴史を忘れないと、折に触れ内外に示すことだ。

And this is exactly why it is of tremendous significance that generations of Japanese prime ministers have established

the custom of mentioning Japan’s war responsibility while mourning the nation’s war dead on Aug. 15 every year.
だからこそ8月15日、歴代首相が戦没者追悼とともに加害責任に触れる慣例が、意義を持ったのだ。

In 2007, during his first stint as prime minister, Abe said that Japan had “inflicted tremendous damage and pain on

people in Asian nations.” But last year, he chose a different approach. We urge him strongly to repeat those original

words t
his year on behalf of the people of Japan.
 安倍首相も、第1次政権の07年は「アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と述べた。にもかかわらず、昨年は異な

る選択をした。今年こそ、日本国民を代表して再び言うべきである。

LESSONS FROM FIRST SINO-JAPANESE WAR
 ■日清戦争の教訓とは

Last month, several opinion pieces on the First Sino-Japanese War were published in China. Noting that China of the

Qing dynasty lost the war because it was weaker than Japan, the authors discussed what China of today should do.
 先月、中国では日清戦争を回顧した論評がいくつか発表された。当時は弱いから負けた、ならばいま、どうすればいいか、という問題

意識だ。

The overseas version of The People’s Daily, the organ of the Chinese Communist Party, argued to the effect, “We

must ensure not to repeat the tragedy of the First Sino-Japanese War by securing extensive maritime rights with our

navy and enhancing our capability to protect our sovereignty and security.”
 中国共産党機関紙・人民日報(海外版)は「我々は海軍を基本とする強大な海上権を確立し、国家の主権、安全を守る能力を高

め、甲午戦争(日清戦争)の悲劇が繰り返されないようにすべきだ」と論じた。

But in using history to justify its recent arms expansion, China is heading in the wrong direction. Its argument in favor

of an armed clash, just like 120 years ago, suggests China’s failure to understand history correctly.
 しかし昨今の軍備拡張の正当化のために歴史を利用するのでは、方向性を間違えている。120年前と同様、力と力の衝突を肯定

するかのような議論は、むしろ歴史を踏まえていないものだ。

And Japan definitely must not do anything that might result in giving credence to China’s perception of history. Even

if only to prevent such an eventuality, Japan must continue to express the remorse it felt 69 years ago.
 そのような議論に、こちらのほうから現実味を与えるわけにはいかない。そのためにも、69年前の反省をきちんと掲げ続けなくてはならな

いのである。

--The Asahi Shimbun, Aug. 13
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
srachai
性別:
男性
職業:
civil engineer
趣味:
子育て
自己紹介:
妻はタイ人、娘ばかり3人も!

■近況

2009年の9月15日に脳梗塞を発症、右手が少し不自由になりました。
MRAで脳梗塞の部位を特定でき、素早い処置をとれたので大事に至りませんでした。
快復にむけてリハビリ中です。
(2011/01/01更新)

■自己紹介・リンク

[ はじめに ]
タイのスラチャイです。
英語学習に王道はありません。
毎日毎日の地道な努力の積み重ねが必要です。
スラチャイはNHKのラジオ英語会話で現在の英語力を身につけました。
一日僅か15分の学習でも数年間継続すれば相当な学習効果が期待できます。

[ 名前 ]
松井 清 (スラチャイ)

[ 略歴 ]
・福岡県出身
・国立高知大学卒業
・準大手建設会社に就職
・50歳で会社を早期退職
・99/10 タイ全土を旅行
・00/10 タイに移住
・03/07 カイちゃん誕生
・07/06 シーファーちゃん誕生
・現在タイ国コンケン在住

[ 座右の銘 ]
Slow and steady wins the race.
遅くとも着実な者が勝利する
(NHK基礎英語芹沢栄先生)

[ 学習の手引き ]
・音読して耳から英語を吸収
・Think in English.
・ネイティブ発音付辞書活用
・英英辞典を活用(英和も)
・翻訳和文で専門用語確認

[ English Newspapers ]
Yomiuri
Mainichi
Asahi
Japan Times
Washington Post
Newyork Times
Bangkok Post
The Nations
Phuket Gazette

[ 英字新聞の英和対訳学習 ]
英字新聞(読売)
英字新聞(毎日)
英字新聞(朝日)
英字新聞(朝日2) 

[ スラチャイ編集の辞書 ]
タイ日辞書(改訂版)
日タイ辞書(改訂版)
ラオ日辞書
日ラオ辞書

オンラインカジノ

[ 32レッドカジノ ]



[ online casino ]
オンラインカジノとは

[ 32red casino mobile ]
for iPhone, Android
Roulette Game
Blackjack Game
Slots Game

[ my favorite way ]
Earning some money on the commuting train is fantastic.
roulette game
通勤電車の中で稼ぐ(ルーレット)^^
ルーレットで遊ぶ

[ 32red casino iPhone & Android ]
Mermaids Millions
Royal Derby
Tomb Raider
Blackjack Game
Major Millions

Tomb Raider iTunes App
Blackjack iTunes App
Roulette Game
Android & iPhone Direct Registration

[ sellection for mobile ]
32Red Web App (iPhone & Android) Casino - Homepage

[ 32red download for PC ]


[ online casino for PC ]
Roulette
Blackjack
Online Slots

[ zipang casino ]
in english

trend match
affiliate b 1


ブログでお小遣い 無料サンプルも


基礎タイ語

基礎タイ語一覧(タイ文字、ローマ字)
seesaaサイト内リンク一覧:
01 あいさつ
02 別れのあいさつ
03 声をかけるとき
04 感謝の言葉と答え方
05 謝罪の言葉と答え方
06 聞き直すとき
07 相手の言うことがわからないとき
08 うまく言えないとき
09 一般的なあいづち
10 よくわからないときの返事
11 強めのあいづち
12 自分について述べるとき
13 相手のことを尋ねるとき
14 頼みごとをするとき
15 申し出・依頼を断るとき
16 許可を求めるとき
17 説明してもらうとき
18 確認を求めるとき
19 状況を知りたいとき
20 値段の尋ね方と断り方
21 急いでもらいたいとき
22 待ってもらいたいとき
23 日時・場所・天候を尋ねるとき
24 その他

基礎タイ語一覧(タイ文字、音声付き)
サイト外HPリンク一覧:
01 あいさつ
02 別れのあいさつ
03 声をかけるとき
04 感謝の言葉と答え方
05 謝罪の言葉と答え方
06 聞き直すとき
07 相手の言うことがわからないとき
08 うまく言えないとき
09 一般的なあいづち
10 よくわからないときの返事
11 強めのあいづち
12 自分について述べるとき
13 相手のことを尋ねるとき
14 頼みごとをするとき
15 申し出・依頼を断るとき
16 許可を求めるとき
17 説明してもらうとき
18 確認を求めるとき
19 状況を知りたいとき
20 値段の尋ね方と断り方
21 急いでもらいたいとき
22 待ってもらいたいとき
23 日時・場所・天候を尋ねるとき
24 その他

Copyright © [ 英字新聞 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]